小山恭輔選手を応援!川崎市立西生田中学校 ~2018ジャパンパラ水泳競技大会~

2018年10月15日

9月22日から24日に横浜国際プールで開催された〝2018ジャパンパラ水泳競技大会”で、川崎市立西生田中学校応援委員の皆さん約20名が小山恭輔選手にエールを送りました。

同中学校には今年5月に小山選手が訪問し、生徒全員の前で夢を持つことの大切さや周りの人への感謝の気持ちを忘れないように、といった講演を行いました。今回、その恩返しの気持ちを込め、応援委員の皆さんが学校を代表して9月22日の50m自由形の応援に駆けつけました。

予選が始まると「ガンバレ、ガンバレ、オヤマー!スピード、スピード、オヤマー!」と大きな声援を送り、それに応えて小山選手は見事予選突破。その後、場所を会場の外に移し、団長の指揮のもと午後の決勝と翌日の競技に向けたエールを送りました。

応援委員の皆さんはこれまで声の出し方、手の振り方など、日々練習に励みこの日に臨みました。その熱い思いが小山選手に直接届き、翌日の50mバタフライでは銅メダルを獲得することができました。また、様々な障がいを乗り越えて全力を出し切る大勢の選手の姿を目の当たりにし、垣根のない社会の大切さを実感できるまたとない機会になりました。

当社は今後も小山選手との様々な交流を通じた社会貢献活動をしてまいります。

小山選手にエールを送る西生田中学校応援委員の皆さん

小山選手にエールを送る西生田中学校応援委員の皆さん

 

ニュースリリース